Percussion Ensemble【Mallesty】

ア-トとミュージック

Percussion Ensemble【Mallesty】

終了しました 2019年6月3日(月)~2019年06月3日(月)

名古屋音楽大学 打楽コースの現在3年次在学中の同級生5人のメンバーで結成。
グループ名の由来は、打楽器を叩くスティック(stick)と
マリンバなどの鍵盤打楽器を叩くマレット(mallet)を組み合わせたもの。
准教授 髙藤摩紀氏のもと、吹奏楽やオーケストラなどのクラシックから、
ジャズ ラテン ポップスまで幅広い音楽ジャンルを演奏し東海地方を中心に活動しています。
5人の息のあった演奏を、多彩なプログラムでお楽しみください。

■参加アーティスト
-------------------------------------------------------------------
代表:勝 諒平 (Ryohei Katsu)
15歳から打楽器を始める。これまでに打楽器を窪田健志 浅井翔太に、マリンバを髙藤摩紀 末武可奈子に、ドラムセットを黒田和良各氏に師事。学内オーディションにより選抜された「第19回 室内楽・アンサンブルの夕べ」に出演。東海地方を中心に吹奏楽やオーケストラ、幼稚園やライブハウスなどでの訪問演奏、電子オルガンやミュージカルの打楽器伴奏、中学・高校の吹奏楽部や音楽教室のレッスンコーチなど幅広く活動している。2018年4月に第1回ウインドアンサンブル愛知などにも出演し若手作曲家の新作初演に参加。その他にも学生ながらプロ奏者との共演も数多くし活動の場を広げている。シンフォニア楽器 パーカッション・ドラム科講師。名古屋音楽大学3年次在学中
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
清原 緋七季 (Hinaki Kiyohara)
12歳から打楽器を始める。これまでに打楽器を窪田健志、KayStonefeltに、マリンバを髙藤摩紀に、ドラムを黒田和良各氏に師事。アレクセイ・ゲラシメスのマスタークラスを受講。吹奏楽やオーケストラ、幼稚園、施設などへの訪問演奏や打楽器伴奏を行っている。名古屋音楽大学3年次在学中
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
島岡 里梨香 (Ririka Shimaoka)
ピアノを3歳から大林裕子に師事、中学で吹奏楽部に入部し打楽器を始める。第25回管楽器個人・重奏コンテスト本大会での優秀賞をきっかけに本格的にマリンバを始める。第12回日本管弦打楽器ソロ・コンテスト金賞及び東邦音楽大学学長賞、第21回KOBE国際音楽コンクールB部門最優秀賞及び兵庫県知事賞、第18回日本ジュニア管打楽器コンクール金賞、第67回全国マリンバ大会に出演、2018年ドイツ・バンベルグで行われた International Marimba Festiva 2018 Competition ファイナル出場。第1回東京国際マリンバコンクール第5位。これまでに杉山智恵子・亀谷治美・井上亮子・杉原康予、大学にて安倍圭子・髙藤摩紀・窪田健志の各氏に師事。2、3年次にプリヴィレッジレッスンに選ばれ、2年秋学期・特待生に選ばれる。名古屋音楽大学3年次在学中
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
寺境 裕奈 (Yuna Jikei)
11歳から打楽器を、16歳からマリンバを始める。これまでマリンバを水野利香、松浦歩美各氏に、現在大学で?藤摩紀氏に師事。平成29年度同朋高校音楽科卒業演奏会に出演。学内オーディションにより選出され「室内楽・アンサンブルの夕べ」に出演。東海地方を中心に吹奏楽やオーケストラなどで打楽器奏者として演奏活動をしている。名古屋音楽大学3年次在学中。
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
松野 弥咲 (Misaki Matsuno)
7歳からピアノ、12歳から打楽器、15歳からハープを始める。これまでに、ピアノを宇野なつき、打楽器を窪田健志、ハープを内田真紀子、ドラムを黒田和良に師事。平成29年度岐阜県高等学校文化連盟吹奏楽発表会にて指導者として参加。東海地方を中心に打楽器奏者として、吹奏楽、オーケストラ、室内楽等の演奏活動を行なっている。岐阜市高校吹奏楽部外部指導者。可児市中学校吹奏楽部外部指導者。名古屋音楽大学に在学中。
-------------------------------------------------------------------

その他のイベント情報

開催中 2019.07.02~2019.09.29

その他イベント 愛知からガラスの響ー日本各地へ
~愛知教育大学卒業生による提案~

作品のスライドレクチャーが作家様毎にございます。
日程は下記となります。
●藤原 彩葉 7月28日(日) 14時 開始~16時 終了予定
●山本 直 7月30日(火) 14時 開始~16時 終了予定
●小山 敦子 9月8日(日) 14時 開始~16時 終了予定

また懇親会も開催いたします。
日程は下記となります。
●懇親会 7月30日(火) 18:00~19:30
※注
懇親会、スライドレクチャーとも参加費は不要ですが入館料は必要です。(会場:Dギャラリー)

--------------------------------------------------------------
■藤原 彩葉(Ayaha FUJIWARA)

●経歴
1990 大阪府生まれ
2015 愛知教育大学 現代学芸課程 造形文化コース ガラス専攻 卒業
2017 東京藝術大学大学院 美術研究科 工芸専攻
ガラス造形研究室 修士課程 修了
2017 金沢卯辰山工芸工房 ガラス工房研修者 入所

●受賞歴
2017.1 第65回東京藝術大学卒業・修了作品展 原田賞
2018.3 金沢卯辰山工芸工房研修者作品展
「創造の前線」 金沢卯辰山工芸工房賞
2018.7 ガラス表現の今GEN-ガラス教育機関-作品展
ベルリングラス スカラーシップ
2018.10 '18日本のガラス展 がらすらんど賞

●展示・発表
2017.6 YOUNG GLASS 2017【Glasmuseet Ebeltoft・デンマーク】
2017.9 LIBENSKY AWARD 2017
【DOX Centre for Contemporary Art・チェコ】
2018.3 金沢卯辰山工芸工房研修者作品展「創造の前線」
【金沢21世紀美術館・石川】
2018.7 第7回現代ガラス展 in 山陽小野田【小野田サンパーク・山口】
2018.9 富山ガラス大賞展2018【富山市ガラス美術館・富山】
2018.10 '18日本のガラス展【ヒルサイドフォーラム・東京】
2019.1 第58回日本クラフト展【東京ミッドタウン・東京】
2019.5 林沙也加・藤原彩葉展【TOU・石川】
2019.6 初夏を楽しむシンプルグラス展【Gallery蚕室・東京】

●作品収蔵
Glasmuseet Ebeltoft デンマーク
DOX Centre for Contemporary Art チェコ
金沢卯辰山工芸工房 石川
--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
■山本 直 (Tadashi YAMAMOTO)

●経歴
1988.6.18 愛知県生まれ
2011.3 愛知教育大学 教育学部 現代学芸課程 造形文化コース卒業
2014.3 愛知教育大学大学院 芸術教育専攻 美術科内容学領域卒業(修士)

●職歴
2012.7~8 瀬戸国際セラミック&ガラスアート交流プログラム
アーティスト・イン・レジデンス アシスタント(Anna Mlasowsky)
2012.9~ 岡崎ガラス工房・葵(愛知県岡崎市)スタッフ
2013.11~12 瀬戸国際セラミック&ガラスアート交流プログラム
アーティスト・イン・レジデンス アシスタント(Carrie Iverson)
2013.3~12 瀬戸市新世紀工芸館 ガラス工芸コース 臨時職員
2015.3・2014.8 Pilchuck Glass School(Seattle USA )TA(Carrie Iverson)
2015.2~ Savoie Glass Company, Assistant(Rippon,Wisconsin,USA)(~2015.4)
2015.6~ 加倉井硝子製作所 スタッフ(~2016.3)
2015.11~12 瀬戸国際セラミック&ガラスアート交流プログラム
アーティスト・イン・レジデンス アシスタント(Lada Semecka)
2016.4~ 多摩美術大学 工芸学科 ガラスプログラム 副手(~2018.3)
2018.4~ 多摩美術大学 工芸学科 ガラスプログラム 助手

●展覧会歴
2011.8 『鳳仙花』(グループ展)/ギャラリー草庵(愛知県名古屋市)
2014.7 『G4』(グループ展)/街角ギャラリーかわらばん家(愛知県瀬戸市)
2014.10 Works by a small group of Pilchuck Glass School artists will complete
the exhibition (group exhibition) / Museo Gallery(Seattle, USA)
2015.3 愛知教育大学-陶とガラスの造形展-(グループ展)/瀬戸市新世紀工芸館(愛知県瀬戸市)
2016.4 ガラスの軌跡 2016(グループ展)/画廊じんがら(愛知県知立市)
(以後毎年開催)
2016.4 よいの形(グループ展)/ギャラリーヴォイス(岐阜県多治見市)
2018.3 『いのちについて』(個展)/ギャラリー坂(東京都新宿区)
2018.7 ガラス作家4人展/足助アートエリア鼎(愛知県豊田市)
2019.3 『とうめいのこと』(個展)/ギャラリー坂(東京都新宿区)
--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
■小山 敦子(Atsuko KOYAMA)
●経歴
1991 愛知県に生まれる
2014 愛知教育大学 現代学芸課程 造形文化コース 卒業
ガラス教育機関合同作品展(東京都美術館:東京)
2015 愛知教育大学 現代学芸課程 造形文化コース 研究生修了
グループ展(ギャラリー葵丘:岡崎)
愛知教育大学 陶とガラスの造形展 (瀬戸市新世紀工芸館: 瀬戸)
2016 個展(磐田市新造形創造館ギャラリー:磐田)
ガラスの軌跡展(画廊じんがら:知立)
2017 Pilchuck Glass School 受講
2018 冬を楽しむガラス展(かわらばん家:瀬戸)
第1回北近江サケグラス公募展
2019 よいの形PartⅡ展(多治見市文化工房 ギャラリーヴォイス:多治見)
現在 磐田市新造形創造館 吹きガラス工房専任講師(2015~)
--------------------------------------------------------------