デイル・チフーリ所蔵品

現代ガラス工芸の第一人者

デイル・チフーリ

アメリカで初めて人間国宝に選定されたアーティスト。
ガラス素材の持つ可能性を広げ、繊細さと大胆さの同居する作品は彼ならでは。
多様な表現で幅広い人々の注目を集めている。

デイル・チフーリ:シャンデリア

作品名
シャンデリア
作者名
デイルチフーリ(Dale Chihuly)
年代
1997年
シャンデリアとの出会い
1992年6月、シアトル美術館での個展の2週間前に「シャンデリア」シリーズは生まれました。このシリーズの発想は、チフーリがスペインのレストランを訪れた際に見た、低く垂れ下がるシャンデリアから得たものでした。シャンデリアが、ほとんど目の位置まで垂れ下がっているのはチフーリにとって、とても奇異なことでした。彼はこの概念を取り入れ、無数の瓢箪のような形をしたガラスで構成された巨大な吊す彫刻を完成させました。当館のシャンデリアは、約600個のガラスで構成され、重さは約500kgの作品です。

デイル・チフーリ:メイグリーン・マキア

作品名
メイグリーン・マキア
作者名
デイルチフーリ(Dale Chihuly)
年代
1992年
説明
はっとするような美しい色のコントラスト。チフーリ独自のユニークな技術で表現されています。

デイル・チフーリ:紺色ソフト・シリンダー

作品名
紺色ソフト・シリンダー
作者名
デイルチフーリ(Dale Chihuly)
年代
1994年
説明
チフーリの作品は「バスケット」「シーフォーム」「ソフト・シリンダー」「マキア」「ペルシャン」のシリーズによって知られています。
これらは70年から80年代の半ばまでに発表されたものです。

デイル・チフーリの歴史

  • 1941年ワシントン州タコマ市生まれ
  • 1965年ワシントン大学にてインテリア・デザインの学士号を取得
  • 1967年ウインスコン州マディソンにあるウイスコンシン大学にて彫刻専攻の修士号を取得
  • 1968年イタリアのベネチアに亘り、ムラノ島のベニーニガラス工房にて働く最初のアメリカ人となる。
  • 1971年のちにグラスアートのメッカとなるビルチャック・グラススクールをシアトル北部の郊外に設立
  • 1992年アメリカで最初の名誉ある人間国宝に選定される。

Language

言語選択